外国人技能実習生受入事業・ETC事業を始め、中小企業の総合支援を目標に、よりタイムリーな情報と英知をお届けします
組合加入のお手続 お問い合わせ・資料請求 サイトマップ
>>経友会トップ >>外国人技能実習生


お申込みから帰国まで経友会がしっかりサポートします!

外国人技能実習生受入事業とは、開発途上国等の青壮年労働者を日本に技能実習生として受け入れて進んだ技能・知識を修得してもらい、帰国後は母国の経済発展に役立ててもらおうとする国際協力・国際貢献制度です。経友会では中国・ベトナム・ミャンマーの送り出し機関と技能実習生の送り出し/受け入れ契約を結び、若くて優秀な人材を受け入れます。


長野県初の優良監理団体(一般監理事業)として許可を受けました。

2017年11月に施行された技能実習法では、一般監理事業と特定監理事業に許可基準が分けられています。経友会は主務大臣から11月1日付で優良監理団体として一般監理事業(許1705000057)の許可を受けました。これにより技能実習生の受入期間が最大5年になり、受入人数枠も拡大されます。また11月20日には介護職種の受入許可も取得いたしました。今後も技能実習制度の趣旨を理解して、法律を遵守した受入に務めてまいります。


技能実習生受入制度の概要

外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(通称:技能実習法)に基づき受け入れを行います。

◆受入れの要件
◆受入れ人数
◆受入れ職種

など、制度の一般的なしくみについては、メールにてお問い合わせください。

また、詳細については「OTIT外国人技能実習機構」「JITCOのサイト」をご覧下さい。
技能実習生受け入れについて

現地募集から選抜面接、入国前後の講習、帰国までの流れをご紹介します。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。



中央経友会の技能実習生受入の特徴

企業様での技能実習開始から帰国までご安心いただける、当組合ならではの監理サポート体制をご紹介します。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。


技能実習生受入制度Q&A

技能実習生の受入れにあたり、よくあるご質問をまとめました。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

技能実習生ニュースバックナンバー

『技能実習生ニュース』は、経友会で受入れた技能実習生の日本での技能実習、生活を中心にお伝えする当組合のニュースレターです。


こちらから、バックナンバーがご覧いただけます。


技能実習生ニュース バックナンバー

長野県信連松本営業部で外国人技能実習制度の勉強会を開催しました。

 平成30年4月19日に、長野県信用農業協同組合連合会(長野県信連)松本営業部から依頼を受け、当組合専務理事高木和久が、同営業部の職員向け勉強会の講師を務めました(写真)。 テーマは「外国人技能実習生について」。
 昨年11月から「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(通称「技能実習法」)が施行され、技能実習生の制度が大きく変わったことを受けてのものです。 特に「農業」「建設」「介護」と言った分野は人手不足感が強く、技能実習生制度を活用して人材を確保したいという中小企業は多いのですが、本来、同制度は「国際
貢献と技能移転」という理念の基に導入されていることをきちんと理解しないと実習生の受入はできません。
長野県信連では農業協同組合との結びつきも強いため、農業分野での実習生受入(畑作・果樹・施設園芸)の事例についてもお話しました。


第25回外国人技能実習生・研修生日本語作文コンクール
国際研修協力機構(JITCO)主催の「第25回外国人技能実習生・研修生日本語作文コンクール」で、当組合受入の技能実習生・屈艶品さん(中国河南省洛陽市出身)が、2,636編の応募作の中で、栄えある最優秀賞を受賞しました。

写真は2017年10月6日に東京大手町の経団連カンファレンスホールで行われた授賞式の模様です。当組合では13年間外国人技能実習生の受入を行っており、今まで佳作はありましたが、最優秀賞は初めて。我が事のように嬉しい瞬間でした。


 



協同組合中央経友会 Copyright 2005 - 協同組合中央経友会. All Rights Reserved.