外国人技能実習生受入事業・ETC事業を始め、中小企業の総合支援を目標に、よりタイムリーな情報と英知をお届けします
組合加入のお手続 お問い合わせ・資料請求 サイトマップ
>>経友会トップ >>外国人技能実習生 >>中央経友会の外国人技能実習生受入れの特長



@ 中国5省とベトナムからの受入れが可能
河南省、吉林省、遼寧省、江蘇省、山東省の送出し機関と技能実習生送出し・受入れ契約を締結していますので、受入れ企業様のご要望に合わせて出身地をお選びいただけます。

またベトナムの送出し機関とも契約を締結し、今後ご要望があれば受入が可能になりました。


Aニーズに応じた二通りの方法で技能実習生を選抜
書類選考を経た応募者の中から、二通りの方法で受入れ企業様に技能実習生を選抜していただきます。
ご要望により、面接前に簡単な適性検査や実技テストを実施することもできます(応相談)。

【現地面接】
現地面接写真
受入れ企業のご担当者様が、経友会職員とともに現地送出し機関を訪問して技能実習生を選抜します。技能実習生の出身地や、現地送出し機関、研修センターなどもご見学いただけるのでお勧めです。
【インターネット面接】
インターネット面接写真
インターネット回線で経友会事務局と現地を結び、テレビ電話の要領で質疑応答をしながら面接します。

  ※どちらも日本語通訳がつきます。

B自己所有の研修センターで、入国後1ヶ月の講習を実施
消防訓練写真改正入管法では、技能実習生が効果的な技能実習、日常生活を送ることが出来るよう、入国後2ヶ月(入国前に一定期間以上の講習を実施した場合には1ヶ月)以上の「日本語」等講習の実施が義務づけられています。
経友会では最大20人が宿泊できる「安曇野研修センター」を所有し、入国後の4週間、職員や外部講師による講習を実施します。

C中国人スタッフが帰国まで万全サポート
経友会の専属中国人スタッフが、技能実習生の滞在中のサポートをいたします。
会社での通訳補助、日常生活の困った点など定期的に技能実習生とコンタクトし、滞日中の指導やメンタルケアを行います。

D日本語能力試験で高い合格実績
日本語の向上は、滞日中の技能習得の助けとなるだけでなく、本人のモチベーション維持や帰国後のステップアップにもつながります。経友会では技能実習生に毎年7月と12月に(財)日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験」受験を奨励し、模擬テストの実施や学習アドバイスなど、3年間継続的にバックアップを行っています。2009年度は最難関の1級に4名、2級に16名が合格しました。
協同組合中央経友会 Copyright 2005 - 協同組合中央経友会. All Rights Reserved.